読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第24回参議院選挙について

第24回参議院選挙の投票日が明日に迫りました。ネットの更新も今日の深夜0時までなので、書かなければならないことをまとめておきたいと思います。はてなブログ引越しにあたって一本目の記事になります。
限られた時間で急いで書いたので、乱文の上にだらだらとした長文ですが、どうかご一読いただきたいと思います。


--
■今回の参議院選挙の意義について
国会には衆議院参議院がありますが、今回選挙が行われる参議院議員は、任期が6年と長く衆議院のように解散もありません。また3年毎に半数ずつが改選され、一気に議員が入れ替わらないようになっています。つまり参議院は、意図的に「急激な変化が生じないように」設計がなされているのです。これは、うつろいやすい「衆」の意見に対し、高度な知識や専門性を持ってバランスを取るための仕組みであり、参議院が「政策と良識の府」と呼ばれる所以です。その時々の世相によって政治が大きく揺さぶられる現代社会にあって、参議院の役割はますます重要となっています。


■大阪選挙区 自民党公認候補「松川るい」さんについて
今回、私の所属する自民党では「松川るい」さんを大阪選挙区の候補者として公認しております。松川るいさんは、23年間外務省に勤務し、世界各国を渡り歩いたキャリアを持つ外交・安全保障の分野のエキスパートです。5か国語を話し、国際情勢に精通し、世界各地に様々なパイプを持っています。
この選挙期間中にも、北朝鮮がミサイルを発射したり、中国による領海・領空侵犯があったり、バングラディシュのテロや英国のEU離脱など、国際社会を揺るがす大きな事件が続発しました。このように世界が不安定化する中、日本の国益にとって絶対に必要な人材が「松川るい」候補であることを、皆様に強くお伝えしたいと思います。


■選挙戦の争点について
このたびの参院選の争点はいくつかありますが、最大の争点はアベノミクスの是非です。直近では、英国のEU離脱の問題などがあり、為替と株価が影響を受けていますが、それでも前政権時代とは比べるべくもなく、安倍政権において日本経済は大きく回復しました。社会保障子育て支援、雇用などについて野党は批判をしていますが、それらの政策においても、前政権よりも確実に成果をだしたのが我々自民党です。これからも着実に政策を継続して参る所存です。


自民党に対するご批判について
その他の他党による自民党批判についても、少し言及しておきたいと思います。
特に大阪では、維新による自民党批判が激しく、今回も「大阪の自民党共産党と組んでる」というレッテル張りを繰り返し展開されました。この件についてはすでに何度も何度も反論して来ましたが、改めて簡潔に記しておきます。

まず、我々が共産党と賛否が重なったのは、先の「政令市を廃止するか否か」という住民投票と、大阪ダブル選挙で「維新の首長を選ぶか否か」という「○か×か」の二者択一の状況下において、維新以外の政党(会派)がすべて反対した(賛同しなかった)時のことです。国の政治と地方政治は異なりますし、同様のケースを挙げれば、北海道知事選で維新と共産党が組んだこともありました。

もっとも維新は国政においても民主・共産と組んで安保法制に反対(一部は退席)しましたし、何よりも安倍内閣に不信任案を提出した事実は、未来永劫消えることはありません。

都合の良い時だけ、政権を利用し、事実を歪曲して自民党バッシングを扇動する維新の政治手法には、今後もしっかりと対峙して参りたいと思います。有権者の皆様が冷静に判断されることを望みます。


--
以上。他にも書きたいことはたくさんありますが、選挙活動の合間を縫っての更新ですのでここまでにします。

今後はネットの情報発信体制を刷新し、まとまったテキストはこちらのブログで発信していきたいと考えておりますので、どうかよろしくお願い申し上げます。

 

f:id:nomuratomoaki:20160709160225j:plain