「象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば」を賜わる

平成28年8月8日午後3時
畏くも陛下より玉音を賜る。

我々世俗の政治に身を置く者は、政治の立場で陛下の「お気持ち」を忖度することはできないが、陛下の宸襟を安んじ大御心に従いたいと思う。

陛下が何度も発せられた「象徴」という単語は、「天皇が日本そのものである」という、現在社会にあって天皇の果たす役割の意味を強く示している。特に国際化した現代社会にあって、わが国が「日本」であるのは、天皇天皇としてあらせられるからである。

また、天皇皇室神道における最高位の神官であり、その国事行為を含めた「行為」がすなわち日本の「象徴」であり、それが日本人の精神的な土台を形成している。
私は、「国事行為や、その象徴としての行為を限りなく縮小していくことには、無理があろうと思われます」というお言葉に、強く心を打たれた。
このたびの陛下がお示しあそばされた聖慮は、「日本の未来を築くために天皇と皇室がどうあるべきか」ということが、そのすべてであった。

国の弥栄を心から願い、今後の職責に臨みたいと思います。

 

象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば:象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば(ビデオ)(平成28年8月8日) - 宮内庁