相模原市訪問

10月5日、政務ならびに党務で神奈川県相模原市を訪れましたので報告いたします。

 

 

相模原市は市制施行が昭和29年、2010年に国内19番目の政令指定都市となった比較的新しい大都市ではありますが、その分大きな可能性と活力にあふれており、毎回訪問するたびに新たな発見と大きな刺激をいただいております。

中でも特に大きな出来事がリニア中央新幹線の開通で、これにより相模原市は新たな国土軸と高規格道路である圏央道の結節点となり、現在リニアを軸とする280万人の「スーパーメガリージョン」の中継点として国においても重要な要衝としてソフトハードの整備が進められています。

また市域の3分の2が丘陵・中山間地であり、また市街地の至便な地域に米軍関連の返還済み・未返還の土地が点在しており、今後次の時代の国内の拠点都市として大きく発展するポテンシャルを有した自治体です。産業においてもロボット、IoT、宇宙産業などの次世代の成長産業の集積が進んでいます。

 

 

さて、今回は相模原市さんの医療施策やまちづくりについてお話を聞いたほか、自転車の「自動駐輪場」を視察させていただきました。

これらは前述の国家プロジェクトのような派手さはありませんが、どれも基礎自治体として地道に取り組まなければいけない施策で、人口規模や自治体の特性が似ている堺市としては大変勉強になったところです。

 

また加盟する「政令指定都市木材利用促進議員連盟」の勉強会も当地で開催されましたので、堺市の取組事例として先の高知県視察の報告をさせていただく機会をいただきました。

(こちらは来年度の予算要望や選挙公約としてまとめ、改めてお伝えしたいと思います。)



夕刻からは党の「政令指定都市議員連絡協議会・議会議員連盟」の合同総会が行われたので出席しました。

基調講演では橋本聖子・党参議院会長より「2020年東京五輪を節目とした国づくり」についてお話いただきました。ご自身の選手としてのご経験や考えを踏まえた五輪開催の意義や関連する政策についてのご主張には大変に心を打たれるものがありました。

 

 

---

以上タイトなスケジュールではありましたが多様な内容の一日とさせていただき、今後の私の活動にも大きな糧となる訪問となりました。

何かとお世話をいただいたご関係各位に心より御礼申し上げます。