堺市長候補 野村ともあきブログ

堺市長候補 野村ともあきのブログです。チーム堺で堺市を守るために戦います。

「大阪都構想」への反対は、堺市民の誇りを守るための戦いです

大阪都構想になって堺市がなくなることについては、これまで沢山の政治家、大学教授、ジャーナリスト、また政治に関心の強い市民の方々が、堺市の権限や財源が大阪府に吸い上げられ、市民サービスの低下や、独自の施策が進められなくなるという弊害が指摘されております。

しかしこれらのことはまだ深く浸透しているとは言えず、私も含めて発信の仕方などについては、まだまだ反省すべきところがあると考えていますが、私はもうひとつ大切なことを、最近「大阪都構想」に反対する堺市民の皆さんと話をしていて思うことがあります。

 

それは至極単純に堺市がなくなるのは嫌」という感情です。

 

財源、予算、権限、市民サービスの低下、反対する制度的理由はいくらでもあります。しかしもっと単純に、自分たちの生まれ育った都市の名前が、自治体の名称でなくなって、地図からも消えてしまう。歴史ある古代の時代から栄えた都市が、何のメリットもないにも関わらず隣の都市に吸収される形でなくなるということが、許されていいのか、そんな市民の皆さんのプライドを、我々ももっと汲んで発信していかないといけない。そんなことを日々、市民の皆さんからの反対の声を聴くたびに、強く実感しております。

 

市町村合併によって消滅し、自治体の名称として歴史ある地名が残らなかったところはたくさんあります。しかしそれらの自治体が合併した理由は、「町や村から市になりたい」「政令指定都市になりたい」といった、市民サービス向上のために、基礎自治体として行政の権限を強めるという目的のものでした。

しかし大阪都構想による堺市を廃止する動きは、堺市民への行政サービスを低下させた上に、堺市という名前すら廃止し、村よりも権限の少ない区に格下げされるという、何一つ堺市民にとってメリットがないにも関わらず、歴史ある街の住人のプライドを深く傷つけるだけのものとなっています。

 

「もののはじまり みな堺」「自治都市・堺」に生まれた市民の誇りを守ることこそ、大阪都構想にNOを突きつけるべき最大の理由である。これは今回の選挙戦を通じて、市民の皆さんに教えていただいたことです。

https://teamsakai.com/