堺市長候補 野村ともあきブログ

堺市長候補 野村ともあきのブログです。チーム堺で堺市を守るために戦います。

Jクラブ基準のサッカースタジアムも作れない!! 東京の23特別区は「市」になりたがっています

大阪都構想に堺が巻き込まれた場合、堺市は単独の堺区になるのか、いくつかに分割されて、北堺区や南堺区といった形になるのかはわかりませんが、少なくとも堺市は区に「格下げ」となり、一般市どころか、町村よりも権限や自由に使える予算の範囲が狭められる自治体となります。

これは現在の東京23区の特別区も同じで、東京の中心である東京都区部というのは、基礎自治体の権限や予算の多くが東京都本体にあり、きめ細やかな地元住民サービスや各事業の権限が、各区の判断ではできない状態にあります。

例えば私が堺市長候補として、公約として「未来前進プロジェクト」「野村デラックス」で掲げさせていただいている、「堺を冠する、堺に所在するスタジアムをホームとするJリーグチームを堺に誕生させる」という公約も、堺が特別区になれば、スタジアムを建設するといった予算を確保するだけの権限は無くなってしまいます。

東京都をホームタウンとするJリーグチームは、現在三チームありますが、そのいずれもが東京都23区外の市をホームタウンとしています。これは東京23区の特別区には、Jリーグチームが使用できるだけのスタジアムを建設・整備するだけの予算と権限が与えられていないからで、日本の首都・東京の中心である東京都内をホームチームとするJリーグチーム存在しない、大きな理由となっています。

特別区よりも一般市のほうが、地元にスタジアムを整備する、Jリーグチームを誘致するといった事業を展開する権限があるのです。

そういったこともあり、東京の特別区は戦後から「自治権拡充運動」を展開してきました。その運動を支えた「構想」が4つありました。

昭和25年の『「二十三首都市」の方式』、昭和36年の『首都行政制度の構想』、昭和56年の『「特例」市の構想』、平成19年の『「都の区」の制度廃止と「基礎自治体連合」の構想』です。

https://www.tokyo23city-kuchokai.jp/katsudo/pdf/sonota_katsudo/kouso_honbun.pdf

 

東京都の「都の区」ではなく、自分たちの街のことは自分たちで決めることができる市町村並の自治を求めてきたことが分かります。

 

直近の『「都の区」の制度廃止と「基礎自治体連合」の構想』では、「都の区」の制度廃止後の基礎自治体の姿として、23区それぞれを「東京〇〇市」として、対等・協力の関係を構築し「基礎自治体連合」というものを考えていました。

 

個別に各区の動きを見てみると、千代田区構想などが良く知られています。

 

イギリスだけではなかった 千代田区も東京23区からの離脱を画策

http:// https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160704-00000004-wordleaf-soci

ちよだみらいプロジェクト-千代田区第3次基本計画2015-(平成27~36年度)

https://www.city.chiyoda.lg.jp/koho/kuse/shisaku/sogokekaku/mirai-project.html

 

この流れは千代田区だけでなく、東京23区では、全体的に区制度を廃止して、「市」に脱却を図りたいという動きが広がっています。特に人口90万人と堺市とほぼ同規模の自治体である世田谷区は、政令指定都市になる要件が揃っており、住民サービスを考えた際に、世田谷市への以降を以前から強く求めています。

 

東京23区、「区」の廃止表明で「市」への脱却目指す…東京都、財源と権限を収奪し弊害

https://www.excite.co.jp/news/article/Bizjournal_mixi201904_post-15201/

サッカーの話に戻しますと、もし東京都区部の全てが「区」から「市」への脱却を果たし、それぞれ一般市や政令市となった場合、人口規模や税収を考えると、世田谷市、練馬市、太田市、江戸川市、足立市、杉並市、板橋市、江東市などが誕生すれば、十分にそれぞれ単独の自治体名を冠したJリーグクラブのホームタウンとなることが可能で、グレーター・ロンドンのようにイングランド・プレミアリーグのチームがロンドンに多数存在するということが実現すると思われます。しかし東京都区部がそういったスポーツ文化的な発展を阻害しているのが、特別区という制度と言えます。

東京のように発展するために、堺も大阪都の区になるべきというのが、堺も参加する形での大阪都構想の賛成する声ですが、実際に東京23区では、このままでは東京23区内の住民サービスや地域の発展は難しい。市として独立すべき、政令指定都市の要件を満たしている区にとっては、堺市のような政令市になることが悲願であるという実情を、もっと広く知っていただくように、残りの選挙戦、力いっぱい訴えさせていただきます。


野村デラックス公約①「スーパーJ・堺金岡スタジアム構想」堺市長選 野村ともあき


堺市長選挙 野村ともあき 公約『未来前進プロジェクト』①~⑥

https://teamsakai.com/